部屋着の延長になってない?おしゃれパーカーの選び方【大人のファッションここがボーダーライン!vol.06】 - even-if

部屋着の延長になってない?おしゃれパーカーの選び方【大人のファッションここがボーダーライン!vol.06】

お買い物

気軽なおしゃれを楽しめるパーカーは、ワンマイルウェアの定番。着心地もラクで重宝しますが、いいなと思って選んだパーカーを着たら野暮ったく見えてしまった……と困ったことはありませんか?今回の『ボーダーライン』シリーズでは、そんなパーカーに関するお悩みを解決。even-if世代がおしゃれに着こなせるOKアイテムをご紹介します。

 

※記事中に掲載している商品の一部は、記事内から直接購入またはお問い合わせができます。使い方などの詳細は、『ご利用ガイド』をご覧ください。

〈トップ画像の商品〉
ホワイトバックロゴストリングデザインフーディー16,500円/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) 黒パンツ19,800円/オットダム(ストックマン03-5414-2491 スニーカー27,500円/アッシュ(ハヤシゴ)

レフ板効果で顔色をパッと明るくしてくれる真っ白のボンディングパーカーは、シンプルになりすぎないようデザインがあるものを選ぶのが正解。パーカーに入ったポイントデザインと同色の黒パンツに白スニーカーを合わせれば、統一感のあるモノトーンのスポーツミックスが完成です。

even-if世代にNGのパーカーはコレ!

カジュアル感が全面に出てしまうスウェット素材のパーカーは、子どもっぽさが強調されてラフに見えてしまうNGアイテム。even-if世代の女性が着るパーカーは、素材と形にこだわった『ボンディング素材』を取り入れるのがおすすめです。

ボンディング素材って何?

ボンディング素材とは、軽くて柔らかな風合いとハリのある立体的なシルエットを特徴に持つウェットスーツのような素材。ストレッチ性が抜群で、さらに服の形が崩れにくくシワになりにくいため、長い時間着ても上品な見た目をキープしてくれます。

アクセサリー感をプラスしたアカ抜けパーカー!

ゆったりしたシルエットが印象的な白のボンディングパーカーは、シンプルな見た目にならないデザイン選びがポイント。ネックレスのようなアクセサリー感が出るドローストリング使い、袖やバックに入ったワンポイントロゴなど、視線を引き寄せるアクセントがあるものを選びましょう。スタイリッシュな装いで、遠目から見てもすてきな都会の女性に。

ホワイトバックロゴストリングデザインフーディー16,500円/ダブルスタンダードクロージング(フィルム)

気分に合わせて着丈チェンジできる2WAY!

スナップボタンで簡単に着丈の長さが変わる2WAYタイプもeven-if世代におすすめ。その日の気分やコーデに合わせて、簡単にショート丈とチュニック丈の両方が楽しめます。霜降りでキメすぎない杢グレーやきちんと感を出してくれるグログランリボンのあしらいなど、大人のニュアンスコーデをかなえてくれる一枚があると便利。

杢グレー2WAYジップフーディー14,190円/エディット バイ イェッカ ヴェッカ(イェッカ ヴェッカ 吉祥寺)

きちんと感を見せるリブ襟付きパーカー!

ベーシックな定番パーカーでは少し物足りなさを感じる……という方は、ボンディング素材にリブ襟が付いたデザインもチェック。きちんとした印象を与えてくれるネイビーカラーがカジュアル感を抑え、落ち着いた雰囲気を演出してくれます。上半身をすっきりコンパクトにまとめてくれるサイズ感は、ロングスカートやスキニーパンツなど手持ちのボトムスと相性抜群です。

ネイビープルオーバーフーディー14,300円/ドゥ ミル アンズ(ヌーズ03-5414-2491

撮影/オノデラカズオ〈モデル〉 太田森彦〈静物〉 スタイリング/川田亜貴子 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/横川由美子 構成/山口実花・vivace 文/izumi

※この記事は 2021年9月1日の情報をもとに執筆しています。商品の情報は変更になる場合があります。※画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

〈前回までの記事はこちら〉
大人のファッションここがボーダーライン!vol.01【キャップ編】
大人のファッションここがボーダーライン!vol.02【バケットハット編】
大人のファッションここがボーダーライン!vol.03【スポーツサンダル編】
大人のファッションここがボーダーライン!vol.04【サングラス編】
大人のファッションここがボーダーライン!Vol.05【ジョガーパンツ編】