今かぶるなら、ちょっぴりストリート感のあるバケットハットがおすすめ!【大人のファッションここがボーダーライン!vol.02】 - even-if

今かぶるなら、ちょっぴりストリート感のあるバケットハットがおすすめ!【大人のファッションここがボーダーライン!vol.02】

お買い物

気になるアイテムやファッションの数々……。取り入れてみたいけれど、私たちが身につけてもいいのかしら? おかしくないかしら? なんて感じている大人世代も多いはず。そこで、どこまでがOKでどこからがNGなのか、誰に聞いていいのかわからない問題を解決していきます。

 

※記事中に掲載している商品の一部は、記事内から直接購入またはお問い合わせができます。使い方などの詳細は、『ご利用ガイド』をご覧ください。

なるべく手ぶらでいたい今は、できれば日傘は持ちたくないし、マスクにサングラスもやりすぎな感じで違和感があります。そんなコロナ禍の日焼け対策として重宝するのが帽子。今回取り上げるのはトレンドのバケットハット! ストリート感が強すぎるデザインは避け、even-if世代におすすめの形や色、素材などをご紹介します。

〈トップ画像の商品〉
ベージュナイロンハット/GREEN PARKS(編集部私物) ニット¥8,690/FENRIR(elife) ネックレス(スタイリスト私物)

even-if世代にNGなハットはコレ!

エレガントな麦わら帽子の流行は少々過ぎた感じ。今年のトレンドに挑戦するのも新たな自分を発見できますよ。

カジュアルなナイロン素材はベージュカラーでエレガントに

ナイロン素材の帽子はしなやかで柔らかく、軽いのが特徴。折り目がつきにくいので、コンパクトに折りたたんでも気にせずバッグの中に収納できます。また、カジュアルなナイロン素材もベージュならエレガントな印象で、顔を明るく見せる効果も絶大。

ベージュナイロンバケットハット/GREEN PARKS(編集部私物)

種類豊富な夏素材のバケットハットも魅力的

最近では、ストロー(麦わら)、ラフィア(ヤシ)、ペーパーブレード(紙)など、さまざまな種類の夏用ハットが出まわるようになりました。それぞれに持ち味があり、好きな編み目模様や色で決めるのもよし、価格帯の幅も広いので予算と相談しながら選ぶのも手。

ペーパーブレードバケットハット/RAG MACHINE(編集部私物)

ツバの広がりが少ないコンパクトなシルエットが◎

バケツを逆さにしたような形が特徴のバケットハット。横からみると下向きにツバがついています。やや深めのシルエットにツバの幅も7~8cmくらいあると理想的。全体的に浅めの帽子は子どもっぽく見えてしまうので、選ぶときに気をつけましょう。

カーキバケットハット/Ca4La(スタイリスト私物)

撮影/イ ガンヒョン〈モデル〉 太田森彦〈静物〉 スタイリング/川田亜貴子 ヘア&メイク/斉藤誠(Lila) モデル/榊ゆりこ 構成・文/山口実花・vivace

※この記事は 2021 年6月17日の情報をもとに執筆しています。商品の情報は変更になる場合があります。※画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

〈前回までの記事はこちら〉
大人のファッションここがボーダーライン!vol.01【キャップ編】