若づくりにならないキャップの選び方、教えて!【大人のファッションここがボーダーライン!vol.01】 - even-if

若づくりにならないキャップの選び方、教えて!【大人のファッションここがボーダーライン!vol.01】

お買い物

気になるアイテムやファッションの数々……。取り入れてみたいけれど、私たちが身につけてもいいのかしら? おかしくないかしら? なんて感じている大人世代も多いはず。そこで、どこまでがOKでどこからがNGなのか、誰に聞いていいのかわからない疑問を解決していきます。

 

※記事中に掲載している商品の一部は、記事内から直接購入またはお問い合わせができます。使い方などの詳細は、『ご利用ガイド』をご覧ください。

若い世代に人気のキャップ、私たち世代がかぶってもおかしくないかしら? という読者の声を聞き、大人もかぶれるキャップを探してきました。スポーティで少年っぽさが色濃くでているものより、女子力が感じられるデザインや素材、やさしく見える色づかいのものが私たち世代にはなじみます。いつもの服にもコーディネートできることが選び方のポイント。トレンドだからといって、ベースボールキャップに手を出すのは危険! 野球観戦か、若作りしているイタイ人になりかねないので気をつけましょう。

〈トップ画像の商品〉
カーキリボンキャップ/VEGE(編集部私物) シャツワンピース62,700円/アスペジ(トヨダトレーディング プレスルーム)

even-if世代にNGのキャップはコレ!

トレンドのベースボールキャップは、若作りしている感が前面に出てしまうので、気をつけて。

女性らしさを引き出してくれるデザインキャップ

布素材はカジュアル感が強くなるので、アクセントになる飾りがついているタイプを選んで。一気におしゃれ感がアップし、スカートスタイルにもマッチします。

カーキリボンキャップ/VEGE(編集部私物)

今季注目のラフィアキャップが新鮮

今シーズンはラフィア素材のキャプも多く見かけます。風通しがよく、ソフトでかぶりやすいのが魅力。

ナチュラルラフィアキャップ5,390円/SENSE OF GRACE(センスオブグレース)03-6276-6518

ニュアンスカラーで優しい印象

ちょっと差し色が欲しいときにおすすめなのが、くすみ系カラー。悪目立ちしないので、カラーアイテムが苦手という方も取り入れやすく、やさしい印象を与えてくれます。

ラベンダーキャップ9,350円/トルチェレ(ムーンバット

撮影/イ ガンヒョン〈モデル〉 太田森彦〈静物〉 スタイリング/川田亜貴子 ヘア&メイク/斉藤誠(Lila) モデル/榊ゆりこ 構成・文/山口実花・vivace

※この記事は 2021 年6月17日の情報をもとに執筆しています。商品の情報は変更になる場合があります。※画像・文章の無断転載はご遠慮ください。