花に囲まれて『エシカルステイ』を楽しむ - even-if

花に囲まれて『エシカルステイ』を楽しむ

日常の小さなストレスから解放され、少しゆっくり過ごしたい。そんな人におすすめなのが新しいホテル滞在の仕方『エシカルステイ』。花や植物に囲まれ、ゆっくり時間の流れを感じながら自分の内面と向き合っていく……。今までにない体験をしてみませんか?

『エシカル』ってご存知ですか?

SDGsと一緒に、最近よく耳にする『エシカル(=倫理的な)』という言葉。持続可能な社会で豊かな暮らしを実現するために欠かせない価値観を指します。
 例えば、地域活性や町おこし、オーガニック、寄付付き商品、リサイクルといったモノやコトを生活の中に取り入れてみる。さまざまな背景を知った上で何を食べ、何を着て、何を使うかを考えてみる。みんなが正しい・公平だと思うモノやコト、サービスを日々の生活に取り入れる。それこそが『エシカル』な暮らしと言えます。

♯1room 次のライフステージへ昇華したい人
『花、実の開きの部屋』

『花/実』には愛情・美などの意味を持たせ、歳を重ね、ここまで成長した自分をさらに次のステージへと導く『昇華』をテーマにしています。新しいことにチャレンジするなど自分の可能性を広げたい方には、五感を刺激するフラワー体験ができるこのお部屋がおすすめ。お部屋を飾るロスフラワー(廃棄される予定だったお花)は、やわらかなピンクや白を基調としたバラやスターチス、ホオズキなどが飾られています。

美しいドライフラワーで装飾されたお花のアートルームは、ひらめきや直感力を高めてくれそうな雰囲気です。

こちらは壁一面に飾られたフラワーデコレーション。結婚式やイベントなど、短い役目を終えたロスされる花たちに新しい命を吹き込みます。

ベッドサイドも華やかなお花に囲まれて、いい夢が見られそうですね。

大きめのソファ&テーブルは、大人4名が座る広さとしても十分な空間。お皿やコップ、カトラリーはもちろん、フライパンや電子レンジもあるので食材の持ち込みも可能です。

♯2room 人や社会との相互認知を考えたい
『茎、葉の廻りの部屋』

直接会わなくてもスマホやメールでコミュニケーションが取れる今。人間関係や社会との繋がりに疑問がある方、大切な人への感謝を忘れそうになる瞬間を感じる方は、相互認知と感謝をテーマにした『茎、葉の廻りの部屋』がおすすめ。シュロ、リビストニア、トクサなどが装飾されたグリーンのお部屋は、葉に外の世界との関わりという意味を持たせてデザインされています。

ゆるり、畳の上でほっこり。和洋ミックスの落ち着いたお部屋です。

♯3room 自分の原点を見つめ直したい
『土、根の地の部屋』

自分の内面を見つめ直したいと思ったら、自己内省をテーマにしている『土、根の地の部屋』がおすすめ。根には根本や原点といった意味があります。飾られている植物も土からインスパイアされたようなシックな色合いのものばかり。クラシカルな雰囲気と安心感を感じさせるドライフラワーに、心がすーっと解放され、癒やされていくのを感じます。

壁にはドライフラワーがさり気なく壁に飾られ、落ち着いた空間が演出されています。

エシカルステイを満喫できるアメニティも

こちらがエシカルステイの宿泊特典でついてくるアメニティセット。『MiYo ORGANIC』のオーガニック竹歯ブラシ、無添加ヘアオイルのゆず油、ハンディキャップを持った職人が生産に関わっているフェアトレード紅茶『Artisan TEA』。エシカルステイの価値観に共感したブランドがお土産でいただけます。

女性同士で語り合ったり、夫婦でのんびりしたり、ひとり読書を楽しんだり、過ごし方は自由自在。ぜひこの機会にエシカルステイを体験してはいかがでしょうか。

今回ご協力してくれたのは…

MIMARU東京 赤坂

今回ご紹介した『MIMARU東京 赤坂』のEthical Stay(エシカルステイ)は、3部屋それぞれ異なる植物に囲まれた広いお部屋に滞在することで、森林の中で過ごすのと同様の癒やしを得られるような宿泊体験ができます。どのお部屋も約40平米と広めで、1室に4名まで宿泊が可能。宿泊時期によって料金の変動はありますが、宿泊費は1部屋のお値段のため、4名でシェアすれば1人当たり6,000円くらいとお手頃です。(詳しくはホテルの公式サイトを確認してみてくださいね!)

構成・文/izumi