教えて川田師匠!自分で簡単にできる巻き物アレンジ【動画あり】 - even-if

教えて川田師匠!自分で簡単にできる巻き物アレンジ【動画あり】

Posted on.

お買い物

スカーフやストールは、使い方次第で着こなしに変化をつけられる便利なアイテム。今回は、川田師匠ことスタイリスト川田亜貴子さんが、今日から使える“巻き物アレンジ”を指南。モデルの榊ゆりこさんが実際にチャレンジした動画とあわせて、さっそくチェックしてみましょう!

川田亜貴子 スタイリスト

ファッション誌『STORY』では「川田師匠」と慕われ、モデル、タレント、読者からも信頼度の高いトップスタイリスト。おしゃれなカジュアルスタイルを得意とし、独自の着こなしテクニックには定評があり、幅広い世代から支持されている。ファン待望のスタイリングブック『大人のパンツスタイル塾』(光文社)は初版から完売を続け、現在、台湾でも好評発売中。自身がプロデュースするコーディネート自由自在のブランド『akiko kawada』は、TV・インターネットメディアでファンを集め、12年目を迎える。

巻き物を組み合わせたスヌード巻き

クローゼットの中にスカーフやストールが眠っているなら、異なる素材やカラーを組み合わせておしゃれを楽しむアレンジがおすすめ。お気に入りのスカーフやストールを結んで輪にすれば、オリジナルスヌードの完成です。首まわりにほどよいボリュームと華やかさが生まれ、寒さ対策にも使えます。

ライトブルーニットストール22,000円/ルナルーチェ リット(ムーンバットお客様相談室)03-3556-6810 プリントスカーフ24,200円/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) ニット26,400円/ヨーロピアンカルチャー(ストックマン)03-5414-2491 パンツ18,700円/AQUA212(elife)

詳しい巻き方は動画でチェック

柄×柄で顔まわりの表情を演出

柄×柄の組み合わせは、今年の注目トレンド。総柄ストールは、巻き方次第で表に出る柄の表情が違うので、顔まわりの印象に変化を与えられます。例えば、黒を基調にしたエレガントなコーディネートは、ネックレス代わりになるような巻き方がおすすめ。ネクタイとリボンの中間のような印象で、顔まわりが明るく生き生きとした雰囲気になります。

モダール×シルクプリントストール29,700円/オットトレディッチ(シー・エイ・ピー)  ニット26,400円/フィール レーススカート2,999円/アース ミュージック&エコロジー ナチュラルレーベル(アース ミュージック&エコロジー トーキョー 東京ソラマチ)

詳しい巻き方は動画でチェック

ラフなスウェットで過ごすカジュアルデーなら、スカーフやストールを逆三角形に巻いて立体感を出すアフガン巻きを、川田流にアレンジ。ふんわり大きく巻いて柄を出すことで、リッチな印象をプラスできます。アウターの上から巻いても見映えがいいので、これからの季節に使える巻き方です。

モダール×シルクプリントストール〈130㎝×140㎝〉29,700円/オットトレディッチ(シー・エイ・ピー) ロゴT2,700円、デニム3,500円/共にアメリカンホリック(アメリカンホリック プレスルーム)

詳しい巻き方は動画でチェック

2WAYで遊べる、着るストール

巻き物と羽織の両面を持つ、今季話題の“着るストール”は、一石二鳥のお得アイテム。腕を通して羽織ればポンチョ風に、輪の部分にストールを通せばマフラーとしても使え、誰でも簡単に2WAYスタイルが楽しめます。

ボタン付きニットシャギーストール4,950円/EDDY GRACE(elife) ブラウス15,400円、 パンツ16,500円/共にドゥ ミル アンズ(ヌーズ)03-5414-2491 ピアス23,100円/グロッセ・ジャパン

詳しい巻き方は動画でチェック

撮影/オノデラカズオ(f-me)〈モデル〉 スタイリング/川田亜貴子 ヘア&メイク/冬木慎一(Sui) モデル/榊ゆりこ 構成/山口実花・vivace 文/izumi

※この記事は 2021 年10月1日の情報をもとに執筆しています。商品の情報は変更になる場合があります。※画像・文章の無断転載はご遠慮ください。